中学生〜学生・社会人対象がいろいろな技法や絵画表現を学べる教室です。

自分の時間を楽しむ趣味として、仕事のスキルアップにデッサン力をつけたいなど、

それぞれの実力や目的にあった指導をいたしますので、初心者の方もご安心ください。


絵画教室


デッサン・水彩・油絵・日本画等、月2回から各自のペースで学べます。

短期講座


講座単位でお申込いただけます。入会金は不要。

ご興味のあるテーマの講座にその都度お申込いただけますので、

区切りのない習い事は不安な方もお気軽にご参加ください。


はじめての入門講座


はじめて絵を習ってみたい方向けの、4回完結の講座です。

人物クロッキー会


不定期で開催しているクロッキー会です。外部の方も参加できます。



絵画教室ブログ 日々のスケッチ


新年からのNEWモチーフ ()
こんにちは! 久々の更新になってしまいましたね…。   アリスの生徒の皆さんなら、前回、田中先生が鹿化しているのを見て大体の予想がついていたのではないでしょうか。 そうです、あの鹿はモチーフだったのです!!   ジャーン   もの凄くシンプルに見えますが、自然物の微妙な色の違いや、質感の描き分けなどとても勉強になるモチーフです。   縄の黄土と壁の褐色が似てしまうかも…色の差が出ない… そんな声が聞こえてきそうですね。でも大丈夫です!! 色が似てしまう原因は、ついつい混ぜる色が同じになってしまっているのです。 そんな時は、縄はイエローオーカー寄り、壁はバーントアンバーやシェンナなど使う色の系統を意識的に変化させてみましょう。 また、全て茶色系統のグラデーションでは深みがなくなるので、少し青みや緑などを混ぜると自然物のくすんだ色になりますよ。 鮮やかで派手な色はないモチーフですが、中間色を増やす練習をするにはもってこいです。 自然の色はよく観察すればするほど様々な変化や色が見えてきますよ。 3月末までセットしてありますので、是非じっくりじっくり描いてみてください。   さてさて窓際には、新たに多肉やサボテン類の為の棚を設置しました! 以前のように雑然と置いてあるよりは可愛らしく見えるような気がします。 それにしても数が多いな…。 挿し芽した殆どの植物が着いてしまいましたが、植物が多い方がきっと空気もいいということで… 密かにサボテンを少しずつ大きな鉢に植え替えて、巨大化させようとしている事はここだけの秘密です……
>> 続きを読む

鹿先生 ()
先日、日曜クラスに潜入したところ…   おや?どちらさまですか? 「・・・・・・。」 「・・・・・・・。」 むむむっ!何をする気ですか!? 「スゥーーーーッ…」 あらっ! なーんだ、可愛いポーズをしただけでした。ほっ。 なかなか愛嬌がありますね。 そのポーズはキツネなのでは…?という疑問は残りますが、まあそこはスルーしておきましょう。 さて、皆さんももうお気付きの通り、鹿の正体は田中先生です。 こんなポーズをしてくださいとお願いすると、やってくれる所が優しいですね〜。 ちなみにこの鹿は小鹿だそうで、田中先生が森で拾ってきました。 以前も小鹿の骨を拾ってきてもらった事があるのですが、その時は角がついていませんでした。 が、今回は見事な角付き!あと2体あるらしいので私ももらおうかと思っています。   動物の骨なら山に落ちているかと思うかもしれませんが、生きた鹿に出会う事はあっても、整備された登山道にはなかなか落ちていません。丹沢や奥多摩、奥武蔵など関東近郊の低山には鹿が多く生息していますが、未だにそれらの山で骨は発見できず…。 また、通常、登山者が歩く登山道を「一般ルート」と呼びますが、骨が落ちているような道はそれから外れて藪や谷、沢などの内部に入って行かないと発見出来ないのです。これをバリエーションルートと呼びます。 バリエーションルートは、その山域に精通した健脚の登山熟練者や沢ヤ(沢登りをする人の事)以外は危険ですので行かないようにしましょう。   ちなみに田中先生は富士山の麓の森で仕事をしていたりするので、その森には沢山の鹿がいるようです。 「そのうちモチーフで登場するかも…?」
>> 続きを読む